【DAY1】スポーツ科学に基づいた『超効率トレーニング』

どうも、筋肉博士じゃ!

今日がLINE講座としては第1回目の配信じゃな。

前回のLINE講座の内容を3行でまとめると、

・ワシはなぜ筋トレをする人生を選んだのか?

・筋トレで自信と健康を手に入れ人生を豊かにする世界は、お主が思っているほど遠い未来ではない。

・お主もトレーニングをするスキルを身につければ、そんな夢のような世界が手に入る!

というかんじじゃったな。

まとめ方が雑なのは置いておき(笑)、

内容は結構な反響を頂いたんじゃ。

LINEも数十通以上届いておる。

ありがとうのう、全て読んでるぞ。

 

「この人は一体何をぶっ飛んだこと言ってるんだ?」

と思われた方もいるかもしれんな。

心配はいらん、お主は正しい反射神経をもっておる(笑)

 

というのも、

わざと、びっくりするような書き方をしたからじゃな。

『鍛える勇気式トレーニング』の威力を知ってもらうためじゃ。

 

 

ちまたでは、

「読者さんをびっくりさせるだけで、全く中身がない」

そんな商品や情報もたくさんあるらしいが、

 

ワシは、

「何をすればどれほどの期間でどれだけ筋肉がつくか?」

「どういう理屈で筋肉ができあがっていくのか?」

なんてこともちろん、

 

ワシ自身、筋トレを始めた初心者の頃、

一番知りたかったのに知れなかった内容、

「筋トレで成功し、今、引き締まった身体を手に入れている人は、

これまでどういう手順を踏んで、そして今どんなトレーニングをしているのか?」

 

もうギリギリのところまでお教えしようと思っておる。

こういう話をする人がほとんどおらんから、

この業界では、暗黙の了解的に『言っちゃダメ』なのかもわからんが、

まあ関係ないじゃろ(笑)

 

ウソの情報で商品を売るような業界にはウンザリしておるからじゃ。

特にサプリやダイエット食品業界は本当にヒドイのう….

とまあ、最初から毒を吐いてしまったが、(笑)

そもそもこのLINE講座自体、そんなに人数多くないから、たぶん大丈夫じゃ(笑)

 

 

あとじゃな、

ワシのトレーニングメニューもお伝えしていこうと思っておる。

トレーニングメニューは人それぞれじゃが、

ワシがしっかり筋トレをしとることを

何かしらの形で証明する必要があると思うからの。

そういうのも追い追いじゃ。

 

今はまだ、

「へ~そんな世界もあるのか~」

程度にしか思えなんかもしれんが、

このLINE座を読んでるうちに、

「なるほど、これなら私もできそう!」

となること必死じゃろう。

楽しみにしてくれい。

 

さて今日は、

「筋肉博士式はどうしてそんなに鍛えられるのか?」

そのカラクリについてお話していこうかの。

では早速はじめるぞ。

筋肉博士式はどうしてそんなに鍛えられるのか?

うむ、ワシが教えている人間はみなこう言うのう。

「トレーニング効率がいいからだ。」

と。

 

「ん?トレーニング効率がいいってどういうこと?」

知らない方のために説明すると、

少ない労力で大きな効果が期待できるトレーニング方法ってことじゃ。

 

 

「なぜそんなことが可能なの?」

答えはとてもシンプル、

筋肉の成長速度を最大限にするトレーニングだからじゃ。

 

 

「え?筋肉の成長速度ってなに?」

という方のためにわかりやすく車で例えてみようかのう。

これからお主は車のレースにでるとする。

そして車を作るのに世界中のどんなパーツを選んでよい。

さてお主はこのパーツを組み合わせて、最高速度を出すように
→世に出ているトレーニング情報は「車のパーツ」で、それを自分で集めて自分だけの車を作る必要がある。車はそのパーツの組み合わせによりスペック、つまり最高速度が決まるが、そのチューンナップのためには車やパーツに対する膨大な痴漢が必要で、それを1から学ぶのは不可能。わしが自分のために同大なパーツから組み上げた「最高の車」、それが「筋肉博士式」

 

「あーまあ確かにそうだけど。。。」

いまいちピンと来ない方のために、

これがどれほど凄いことか、時間を交えてお話しようかの。

 

・週二回のトレーニングでガクトのような体つきに
・気づいた頃には体脂肪率9%

(ちなみにこの筋肉の増え方というのは別にごくごく普通の感覚じゃ。つまり、別に大袈裟な話ではないということじゃな。)
どうじゃろうか?
これが高トレーニング効率の威力じゃ。
筋肉博士式トレーニングを始めると最初に学ぶことじゃな。
さて、ケインコスギの様なPerfect Bodyを自分のものにするのだって難しいことではないんじゃ。
(読者の懸念を書いて、解消)
簡単じゃよ
冷静に考えてみてくれい。
難しいわけがないじゃろう。
・・・じゃよーって今簡単に言ったが、
これはトレーニングをする上で
それはもうかなり凄いことなんじゃな。
例えば、
*筋肉博士式をしない場合の二項対立
→効率がわるければどうなるか、(恐怖)
お主の筋トレ体験を想像してみてくれい。
誰もが一度は筋トレに挑戦したことがあるじゃろう。そして成果が見えず、道半ばで挫折してしまう、こんな経験は皆が持っていると思う。
・引き締まった体に憧れ筋トレを始めるも、先が見えず三日坊主
・頑張って1ヶ月継続したものの筋肉はつかず挫折
などじゃな。
わしも当然そうした経験をしてきた。それも数えきれんほどにのう笑
一方、筋肉博士式トレーニングは、成果が出ないことはないんじゃな。(ベネフィット)
「誰でも」「必ず」成果が得られるわけじゃ。
それも、週に2-3回のトレーニングで
もうそれだけで筋肉がついてくるんじゃ。
難しいわけがないじゃろう。
筋肉博士式がどれほど凄いものか理解していただけたかのう。
更にさらに、
筋肉博士式によって得られるものは筋肉だけではないんじゃ

世界幸福度ランキングというものを知っておるか?
これは、世界各国の国民の幸福度を定量化し、ランキングにしたものじゃ。日本は世界でも有数の経済大国で、その経済規模は世界第3位なんじゃが、それに反して幸福度ランキングは51位と、先進国内でも最低クラスの低さなんじゃ。
また、日本は「承認欲求」が高い民族だと言われておる。承認欲求とは、他者に評価されたいという欲求のことなんじゃが、これは「自己肯定感の低さ」の裏返しなんじゃ。
自分のことを自分で好きになれないから、他人からの評価によってしか自分を好きになれない、そんな人間が多い。
筋トレは、こうした不幸を解決できる自己啓発でもあるんじゃ。
東大に合格しても自分のことを好きになれず、自信のなかったわしがいうんじゃから間違いない!
ちなみに明日は、
深イイ話!をお送りする予定じゃ。
一応告知じゃな。
あと、今回の講座の感想も待っておるぞ!
じゃあの!
P.S.
いかがだったじゃろうか?
この講座で説明したように、
トレーニング効率を意識した筋トレ方法、
筋肉博士式というのは最強だと自負しておる。
最強というのは、最も筋肉がつきやすいという意味じゃな。
しかもこの筋トレという世界は、
学生でも、主婦でも、サラリーマンでも、はたまた還暦の方でも、
年齢や性別によらず、住んでる場所がどこだろうが、
まったく関係ないんじゃな。
誰にでも等しく筋肉を得られる機会があるんじゃ。
いや、でもやっぱり平等ではないかもしれんな。
ワシのLINE講座を読んで下さっているお主は、
トレーニングをやろうとしている他の方よりもラッキーじゃろう(笑)
・・・
うむ(笑)
少し気が良くなって調子にのってしまったが、
ワシの目的は、
筋肉博士式トレーニングを通してより多くの方に理想の身体になってもらい、
成功者や充実した人生を歩む方を増やすことじゃ。
ボランティアではない、仲間づくり、実績づくりじゃな。
そして、そのためにワシは、
これから最高レベルの情報を提供していこうと思う。
なので、しっかりついてきてくれたら嬉しいのう。
と言ってるうちに、またまたメールが長くなってしまった(笑)
何かについて語り出すと、アツくなって止まらなくなるのがワシの悪いクセじゃ(笑)
まあ何か疑問質問クエスチョンなどあれば気軽にLINEしてくれい。
このLINEに直接返信してくれればよいぞ。
全てには返信できぬが、1通1通全て読ませて頂いておる。
それでは、またLINEするからのう!