【DAY2】福沢諭吉と貯筋

どうも、筋肉博士じゃ!

前回は、

・スポーツ科学に基づいたトレーニングはなぜ効果的か?

・トレーニング効率は超重要!

・結果がでる人とでない人の違いはこれ!

について話したんじゃったな。

 

 

またもや講座の感想LINEをたくさん頂けて感謝じゃ。

すでにトレーニングをされてる方からのLINEも多かったのう。

 

「まさに自分のことを指摘されてるようでした…」

「さっそく実践してみます!」

なんて声じゃな。

 

LINE講座の内容を褒めて頂けるのはほんとに嬉しいのう。

ありがとうございますじゃ。

 

 

さてさて、

今日はワシがトレーニングをする上で、

最も大事にしている話をしていこうかの。

 

 

トレーニングというかもはや、人生においてかもしれぬ(笑)

ワシはこの話ちょくちょく人にするんじゃが、結構評判いいんじゃ。

昨日告知した深イイ話というのがこれじゃな(笑)

今日のメールはコラム的な感覚で読んでもらえればよいじゃろう。

福沢諭吉と貯”筋”

 

1万円といえば、言わずと知れた1万円札の顔、

『福沢諭吉』

じゃのう。

 

 

1万円札の肖像に選ばれることが、

それはもう凄いことだというのは周知の事実じゃが、

歴史上の偉大な人物なんてたくさんおるのに、

なぜ彼が1万円札の肖像に選ばれのじゃろうか?

そんなに凄い人だったのかのう?

 

 

「学問のすすめを書いて、慶應義塾をつくった、幕末の思想家?」

世の中の福沢諭吉のイメージって案外この程度だったりするんじゃ。

だがの!とんでもない!

 

 

彼は、起業家、思想家、翻訳家、教育者、作家、学者etc…

挙げ出すとキリがないほどあらゆるジャンルで功績を残したいわゆる万能人間

 

 

とんでもなく凄い人物だったんじゃな。

と、ここまで聞いて、

「あーなんでも才能ある人って凄いなー」

なんて思ったかもしれん。

 

じゃがな!とんでもない!(笑)

彼の有名な著書『学問のすすめ』の冒頭にこんな言葉があるんじゃ。

『天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつくらず』

 

これだけ聞くと、

「この世の人々はみんな平等だよー!」

みたいなことを言ってるように捉えがちじゃが、

意味は全く違うんじゃ。

 

その後にこう続くんじゃな。

「されども今、広くこの人間世界を見渡すに、

かしこき人あり、おろかなる人あり、貧しきもあり、

富めるもあり、貴人もあり、下人もありて、

その有様雲と泥との相違あるに似たるはなんぞや」

 

つまり彼は、

「生まれたときはみんな平等なのに、世の中ってめちゃくちゃ格差あるよねー」

と、実は世の中の格差を訴えていたんじゃな。

 

そして彼はその格差を、

「学ぶと学ばざるとによりてできるものなり」

と断言しておる。

 

 

つまり彼は、

「世の中の格差って生まれ持った才能とかじゃなくて、学ぶか学ばないかで決まるんだ!」

と言ってるわけじゃな。

 

 

実は彼、もともと下級武士の生まれなんじゃ。

そんなちっぽけな1人の下級武士が、

起業家、思想家、翻訳家、教育者、作家、学者etc…

あらゆるジャンルで大きな功績を残すことができた。

 

 

それは、

『成功するかしないかは学ぶか学ばないかによってのみ決まる』

ということを彼自身、

誰よりもよく理解していたからであり、

誰よりもそれを実践したからではないじゃろうかのう?

 

 

そし彼がこの世を去ってから100年以上経った今でも、

ぼくたちが彼の人生から「学べる」ことはたくさんあるのではないじゃろうか?

 

 

・・・

うむ、ちょっと深イイ話じゃった、

自分で言うのもアレじゃがのう(笑)

 

 

さて、そんな凄イイ人である福沢諭吉なんじゃが、

ワシが個人的に好きな彼の言葉があるんじゃ。

 

 

『学びて富み、富みて学び』

つまりは、

「知識を増やせば、裕福になることができるし、

さらにそのお金を知識に投資すれば、また人として成長できる!」

 

要は、自己投資をしろってことじゃな。

そして、これは筋肉でも同じことなんじゃ。

 

 

お主は「貯筋」という言葉を聞いたことあるかのう?

 

貯金の”金”を筋肉の”筋”に変えた言葉なんじゃ。

 

ワシの大好きなTestosteroneさんがよくおっしゃっている言葉じゃな。

貯筋について彼は、この記事

詳しく書いておるから割愛するが、

(興味のある方は読んでみてくれい。)

 

彼は、「貯筋」は失敗しても勝てる自己投資と言っておる。

 

ワシも同感じゃ。

 

正しい知識で継続をすれば、誰でも成果が出せるのが筋トレだからじゃ。

 

 

ちなみに、

『筋トレで成功するには自己投資が大切』

なんて言葉はトレーニング本や、

自己啓発書にはもれなく書いてあるから、

ワシもここでそんな説教臭いことを言うつもりはないんじゃ。

 

 

ただ、事実としてお主に知っておいてもらいたいことがある。

福沢諭吉に話を戻すと、彼はこうも言っておる。

「かかる実なき学問はまず次にし、もっぱら勤むべきは人間普通日用に近き実学なり」

 

つまり、

「まず学ぶべきは、実生活の役に立つ学問だ!」

ってことじゃな。

 

 

義務教育で教わることっていうのは、座学、虚学ばかりじゃ。

いくらお主が中学高校で勉強をがんばって、

微分積分だの運動方程式だのを紙に書いても、

社会に出れば、ほとんどの人にとってそんなもの使う機会はないじゃろう。

 

 

ワシの言いたいことは、

「義務教育なんて無意味だ」というわけではなく、

(むしろ東大生は義務教育の申し子じゃろう(笑))

 

 

本当に言いたいのは、

「座学に比べて実学を十分に学んでる人があまりにも少ない!」

という紛れもない事実じゃ。

 

トレーニング理論もまた実学なわけじゃが、

それを学んでる人は本当に少ない。

 

たとえば今この日本で、

国民1人が義務教育を終えるためには、

小中学校の授業料を0円と考えても数百万円必要だと言われておる。

 

 

大学に進学するとなると1000万円、私立だとおそらくもっと必要じゃな。

つまり、ほとんどの人が座学には数百万円投資してきたと言えるんじゃ。

 

 

じゃが、

実学を学ぶためにワシらはいくら投資してきたじゃろうか?

おそらく、ちょっと振り返って計算してみると、

「ううむ、そりゃトレーニング方法も栄養理論もわからないはずだわ…」

となるじゃろ。

 

 

さてそろそろ、

「筋肉博士こそどうなんだ!」

という突っ込みが飛んできそうじゃが、

 

ワシはいつも、

「あー大学おもしろくないな、筋トレしよ」

なんてだらしないことばっか考えておったから、

(ちゃんと単位は取っておったぞ(笑))

 

 

・バイトで得たお金で筋トレ本を買い漁ったり、

・トレーニングセミナーなるものに行ってみたり、

(筋トレをはじめたばっかりじゃったが(笑))

・パーソナルジムのような少し胡散臭い何万円もするジムに行ってみたり(笑)…

 

まあ人並み以上には投資してると感じておる(笑)

 

 

今思い返せば、

「それ絶対意味ないでしょ」

という投資もあったんじゃが(笑)、

それでも、そんな昔があったからこそ今のワシがあると思っておる。

 

 

もしお主が、

「筋トレを学び、充実した人生を送りたい!」

と思うのであれば、

座学ではなく『実学』に投資することを強くオススメするぞ。

 

 

「投資」なんて言うとなんだか大袈裟な気もするが、

要は、『トレーニング知識をみにつけ豊かな人生をおくるための最適な習い事』

だと思えばいいんじゃな。

 

なんて大口叩いてるワシも、まだまだその習い事の最中じゃ(笑)

 

じゃが、だからこそワシは、

『実学への自己投資が、成功への近道』

だと信じながら、

 

プロテインの支払いで1万円札を使うたびに、

印刷されてある福沢諭吉の顔をみて、

『学びて富み、富みて学び』

この言葉を思い出すようにしておる(笑)

 

 

まあ新しい味のプロテインを試したりと、

無駄遣いもするんじゃがな(笑)

 

是非、お主も今度お金を使って、

福沢諭吉を見た時に、

『学びて富み、富みて学び』

『貯筋』

この言葉を思い出してみてくれい。

それが、成功へのはじめの1歩になるじゃろう。

 

 

さて、それでは最後に告知じゃ。

「今回がコラム的内容…ということは??」

そうじゃな!次回から具体的なトレーニングの話をしていくんじゃ!

そしてどんどん!ワシのテンションも高くなっていくじゃろう!

お楽しみにのう!

 

 

P.S.

うむ、今日は我ながら深イイかつ熱イイ話をしてしまったのう(笑)

そしてちょっと脇道に逸れてしもうた。

 

 

まあ、『トレーニング理論を知ること』

は間違いなくこれからすごく大事になってくると思うんじゃが、

 

それ以前に、

『筋トレで成功している人のマインド』

というトレーニングで最も大切な土台ができていないと、

十中八九うまくいかないからのう。

 

 

これはワシみたいな『若造の経験』によるものではなく、

『筋トレ成功者たちが積み上げてきた歴史』がそう物語っておるんじゃ。

 

 

といっても、あんまり難しく考える必要はなく、

こういうのは行動しながら徐々に身につけていけばいいじゃろう。

 

 

筋トレの業界でもそれは例外ではなく、

・行動意識が高いこと

・投資意識が高いこと

これが成功者の共通点だと言われておる、みんなこう言うのう。

 

 

実はワシ自身も、

これまで例外的な人物に出会ったことがないから、

この共通点というのはおそらく正しいと思うんじゃ。

 

 

前回のLINE講座でワシは、

『スポーツ科学に基づいたトレーニングはなぜ効果的なのか?』

について語ったが、

かといって、もちろん誰でも成功できるわけじゃないんじゃな。

(「誰でもできる!」という詐欺まがいの商品はたくさんあるがの)

 

 

むしろ全体で見れば9割以上の人が失敗しておる。

これは事実じゃ。

 

 

なぜか?

答えはカンタンで、

「9割以上の人がきちんと投資も行動もしないから。」

なんじゃ。

 

 

みんな知識だけちょっと身につけて途中で辞めるんじゃな。

もったいない話じゃと思っておる、

 

 

ちなみに、

トレーニングできちんと成果を出している方に、

成功の秘訣を聞いてみるとみんなこう返してくるんじゃ。

「え、普通のことを普通にやっただけなんだけど。」

別に特別なことをする必要なんてないんじゃな。

 

 

正しい方向を向いて、きちんと手順を踏めばできるんじゃ。

正しい知識で継続をすれば、誰でも成果が出せるのが筋トレじゃからのう。

 

 

じゃからワシは、

「年齢も職業も、住んでる場所だって関係ない。

誰にでも等しくチャンスが与えられている。」

といったんじゃな。

 

 

じゃからどうか、

どうかお主は9割以上の残念な人たちにならないでほしいのう。

そうはならないための、このLINE講座なんじゃがな(笑)

 

 

それでは、なにか疑問質問クエスチョンなどあればいつでもLINEしてくれよのう。

このLINEに直接返信してもらえればいいぞ。

それではまた明日のう!